TOP > みんなの家

みんなの家

GOOD DESIGN AWARD 2010 長官賞受賞

GOOD DESIGN AWARD 2010 長官賞受賞のイメージ

ここはみんなが集まる家

「カフェスタイルの家」、それは家族のような「ともだち」との交流を楽しみ、さらには家族も「ともだち」化している住まい手が求めるカタチ。新しいリビングや玄関のカタチ、空間やモノと上手につきあう、かっこいい生き方。まるで、同じ価値観のコミュニティの仲間が集まるような家、それは「みんなの家」です。

木の色にやさしさと親しみを感じるわけ

木の色のインテリアに反射した光はとてもやさしく感じます。それは、木の表面にあるミクロの凹凸が光を分散し、光をやわらかくしてくれるからです。

木の色にやさしさと親しみを感じるわけのイメージ
ちょっとゆるい「みんなのルール」

「かぞく」と「ともだち」のちょうど中間の関係には、これまでの地縁や血縁の関係にあったルールとは違う、新しいルールがあります。互いに差別がなく、束縛されたりわがままに感じるかたいルールではなく、相手を尊重したルール。
それはこの家のカタチにもつながっています。

ちょっとゆるい「みんなのルール」のイメージ
社会とプライベートの間に「ともだち」が存在することを前提としたゾーニング

社会と「ともだち」と家族の区分に仕切られた「みんなの家」。
区分を分けるのは玄関と階段です。玄関は外と内、階段はみんなと個人を分けます。

社会と「ともだち」と家族の区分に仕切られた「みんなの家」。 区分を分けるのは玄関と階段です。玄関は外と内、階段はみんなと個人を分けます。のイメージ
家族個人の空間を充実させるためには、2階のスペースを大きくして空間を確保する。
家族個人の空間を充実させるためには、2階のスペースを大きくして空間を確保する。のイメージ
主な特徴

詳細はこちら

MOVIE